≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

食いつきのいいキャットフードとはどんなものか?

キャットフードには、食いつきのいいものとそうでないものがあります。
食いつきのいいキャットフードは猫の食欲も増します。
食の細い猫の飼い主や、体調がよくない猫の飼い主は、食いつきのよいキャットフードで、少しでもたくさん食べて欲しいと思うものです。
では、どんなキャットフードが食いつきがいいのでしょうか?
ここでは、食いつきのいいキャットフードとはどんなものかを紹介します。

ウエットキャットフード

個体差もありますが、ドライキャットフードよりもウェットキャットフードの方が食いつきがいいです。
ウェットキャットフードは素材の形や匂いが味わえるので、猫本来の食事に近い状態で食べることができます。

たんぱく質の含有量が多いキャットフード

猫は肉食ですので、たんぱく質を好みます。
ですので、キャットフードに入っているタンパク質の 割合が、多いキャットフード程食いつきがよい場合が多いです。
たんぱく質の割合が多いキャットフードは、品質にこだわっている場合が多く、一般のキャットフードよりは高価なキャットフードが多いです。

新鮮なキャットフード

新しいキャットフードを開封した時に食いつきがよくなることはよくあります。
猫は、味覚を感じる味蕾の量が人間の約5分の1と少ない代わりに、嗅覚や触覚を活用します。
新しいキャットフードは新鮮で、匂いもよいので食いつきもいいのです。

好きな味のキャットフード

猫の味の好みも様々です。
好みの味のキャットフードは食いつきがよくなります。

無添加のキャットフード

無添加のキャットフードは、食いつきがよいものが多いです。
添加物を使わないので、品質にこだわっているところが多いからです。
猫や犬は嗅覚がいいので、添加物の匂いを判別して、添加物を嫌がる子もいると言われています。
また、香料を多量に使って食いつきをよくしているキャットフードがあります。
そのようなキャットフードは、食いつきがよくても、与えない方がいいので、それを避けるためにも無添加のキャットフードがよいでしょう。

食べやすい粒の大きさのキャットフード

キャットフードの粒の大きさが猫に合っていないと、食べにくく、食いつきが悪くなる場合があります。
自分の猫が食べやすい大きさのキャットフードを選びましょう。

まとめ

どんなに健康によいキャットフードでも、猫が食べなければ意味がありません。
食いつきがよく身体にもいいキャットフードを選びましょう。
猫は、嗅覚が優れているので、匂いにも敏感です。
匂いのよいキャットフードは、新鮮で質のよいものが多いので、食いつきがいい上に、猫の健康にもよいものが多いです。
猫が好きな味で、品質のよいキャットフードは食いつきがよい、と言えるでしょう。

関連記事

トップに戻る