≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

食べ残したキャットフードはどうするか?

猫は、むら食いをすることがあるので、キャットフードを食べ残すことがあります。
皆さんは、猫が食べ残したキャットフードはどうしていますか?
食べ残したキャットフードの扱いに困っている人も多いのではないでしょうか?
ここでは、食べ残したキャットフードはどうするか、について紹介します。

ドライキャットフードの場合

食べ残したキャットフードは密閉容器に保存するか、皿に取りきっちりラップをして、常温で保存します。
冷蔵庫での保存は結露しやすいので避けましょう。
保存したキャットフードは、次の食事に混ぜて与えます。
ただし、その食事も残した場合は、保存したキャットフードが混ざっている可能性があるので、破棄しましょう。
保存したキャットフードを与える場合は、食べ残しが出ないように、あらかじめ量を減らして与えましょう。
全部食べても足らないようだったら減らした分を追加であげましょう。

ウェットキャットフードの場合

ウェットキャットフードは、水分を多く含んでいるので、一度口をつけると唾液や口の中の雑菌がついている可能性が高くなり、保存はできません。
食べ残したキャットフードは棄てましょう。

あらかじめ取り分けていた残りがある場合は、密閉容器に入れるか、皿に取ってラップをして冷蔵庫で保存し、一日以内に使い切りましょう。
ウェットキャットフードは、食べる分だけ皿に出し、一日たっても食べることができない場合は破棄しましょう。

食べ残したキャットフードは15分~20分たったら下げましょう。
特に、ウェットキャットフードは夏場は傷みが早いので気を付けましょう。
食べ残しがある皿をずっと置いておくと、キャットフードは酸化する上に、ダラダラ食いの習慣ができてしまいます。
また、多頭飼いの場合は、食べ残しを別の猫が食べて肥満になる場合があります。
食べ残しのある皿を、置いたままにするのは避けましょう。

まとめ

食べ残したキャットフードは、あまり保存は利きません。
一回に猫が食べきれる量を把握して、食べ残しがないように与えましょう。
ウェットキャットフードの場合は、食べきりサイズの缶もあるので、どうしても食べ残しが出る場合は、割高ですが、小さい缶詰に変更するといいでしょう。
また、いつも食べ残しが出るときは、与える量が多すぎる場合があります。
自分の猫に適切な量を与えましょう。

関連記事

トップに戻る