≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

体臭をおさえるキャットフードについて

猫は毛繕い(グルーミング)を頻繁に行うため、体臭はほとんどありません。
毛繕いをする理由の一つに、狩りをする時に体臭がすると獲物に気づかれるので、体臭を消す習性がある、と言われています。
しかし、そんな猫の体臭が気になる時があります。
どうして体臭がするのでしょうか?
また、体臭をおさえるにはどんなことが有効なのでしょうか?
ここでは、体臭をおさえるキャットフードについて紹介します。

猫は本来、体臭はほとんどありません。
猫の体臭が気になる場合は、ほとんど原因があります。
原因をつきとめて対処すれば猫の気になる体臭を無くすことができます。

体臭の原因と適切なキャットフード

口臭

猫は虫歯になりにくいですが、自分で歯磨きができないので、歯垢、歯石が溜まりやすく、歯周病になりやすいです。
歯周病になると、口臭がひどくなります。
猫は毛繕いをよくするので、毛繕いの際に口臭が被毛に移り、身体が臭う場合があります。
歯磨き等のオーラルケアをして、歯垢、歯石用の療法食のキャットフード、もしくはドライキャットフードを与えましょう。
口臭がひどかったり、出血や腫れがある場合は獣医師の診察を受けましょう。

皮膚病

猫が皮膚病になった場合、患部が臭います。
猫の皮膚病の原因は様々ですが、食物アレルギーが原因の場合は、キャットフードで対処できます。
アレルゲン(アレルギーの原因となる食べ物)がわかる場合は、アレルゲンが入っていないキャットフードを与えましょう。
アレルゲンがわからない場合は、グレインフリーのキャットフードや品質のよいプレミアムフード、もしくは皮膚病を考慮した療法食のキャットフードを与えましょう。

腸内環境の悪化

腸内環境が悪くなると軟便や下痢を起こしやすく、便が肛門の周りの被毛についたり、便の臭いが被毛にうつったりします。
その場合は、品質が良く、消化吸収に優れたプレミアムキャットフードやグレインフリーのキャットフード、もしくは療法食の消化器サポート、消化器症状用のキャットフードを与えましょう。

ウェットキャットフード

ウェットキャットフードは、水分を多く含むので歯につきやすいです。
しかもウェットキャットフードは、原材料が素材そのままで使われているものが多く、臭いが強いです。
ウェットキャットフードを食べた後の猫の口は、キャットフードの臭いが強くします。
そのまま猫がグルーミングすると、その臭いが被毛に移って、体臭がきついように感じます。
どうしても気になる場合は、キャットフードをウェットキャットフードからドライキャットフードに替えましょう。

キャットフードでは対処ができない原因

肛門腺が臭う

猫の肛門の左右には、肛門嚢(こうもんのう)という袋があり、この中にある肛門腺から出る分泌物がうまく排出されないと、強く臭います。
その場合は、肛門袋を絞って分泌物を出す以外に方法はありません。

汗が臭う

猫は、汗腺は肉球しかありませんが、皮脂腺とアポクリン腺から汗が出ています。
汗の臭いは、グルーミングをすると気にならない程度ですが、病気やケガでグルーミングができなくなると、臭うことがあります。
その場合は、皮膚腺やアポクリン線が集まっている、しっぽの付け根、足の裏、肛門の周り、耳の周りを濡れたタオルなどでそっと拭いてあげます。

まとめ

猫の体臭が気になる場合は、猫の身体に異変が起こっているサインの場合が多いです。
何が原因で体臭が強くなっているのかを確かめて、適切な対処を行い、症状に合ったキャットフードを与えましょう。
原因がはっきりわからない場合や、キャットフードを替えても体臭が改善しない場合は、早めに獣医師に相談しましょう。

関連記事

トップに戻る