歯垢ケア用キャットフード

歯垢ケア用キャットフード

歯垢や歯石を放っておくと、歯周炎、歯周病や歯槽膿漏に進行し、歯を支えている骨を溶かし、歯が抜け落ちる原因となる恐ろしいものです。
歯を磨くことのできない猫ちゃんの歯垢ケアは、飼い主がきちんとしてあげなければいけません。
ここでは猫ちゃんの歯垢ケアができるキャットフードを紹介します。

猫は人間とは違い、歯の内側に歯垢がつきにくいため、歯磨きは難しくても歯の表面をティッシュペーパーなどで拭いてあげるだけでも歯垢ケアになりますが、歯垢ケア用のキャットフードは、噛むと歯の表面を擦ってくれるため、歯垢や歯石の蓄積を防いでくれます。
もともと猫はあまり餌を食べる時に咀嚼をしない特徴がありますが、歯垢ケア用のキャットフードは噛まなければ食べられない大きくはなっているのが大きな特徴です。
値段はそれなりのお高目ですが、ある程度の期間続けることで高い効果を得られます。

猫も歯槽膿漏など歯の病気になると、人間と同じように歯が痛くなったり歯が抜けて、キャットフードを食べられなくなります。
キャットフードにはカリカリと呼ばれるドライフードとカンカンと呼ばれるウェットフードがありますが、その字の通りにウェットフードは水分が多く柔らかい分、乾いてカリカリとしたドライフードよりも歯に付着しやすくなっています。
したがって毎日ウェットフードを与えていると歯垢や歯石が付きやすく、歯の病気になる可能性が高くなります。
歯垢ケアの1つとして、猫ちゃんの毎日の餌にはドライフードを選ぶことをおすすめします。

基本的に猫は虫歯にならない動物で、もちろん野生の猫が歯磨きを自分でするわけがありません。
しかし市販のキャットフードを与えるなど、野生の状態とは違い、歯周病や歯槽膿漏になる飼い猫は大勢います。
歯垢ケアとしては飼い主が歯磨きをしてあげるのが一番なのですが、猫の歯磨きをするのは非常に難しいのが現状です。
そんな時こそ、デンタルケアのできるキャットフードを使い、健康的な歯を保てるようにしてあげましょう。

ページのトップへ戻る