≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

肥満の猫に対する食餌の与え方

1.肥満は万病のもと

自然界で暮らす猫には、肥満の猫などいません。
太っていて可愛いというのはとてもよくわかりますが、その姿は本来の猫があるべき姿ではないのです。
太っていることで病気にかかる率もあがります。
心臓病、腎臓病、肝臓病、糖尿病、これらの重症化する病気の原因が、肥満によるものであることがわかってきています。
要求されるままに、キャットフードやおやつを与えていませんか?愛情からしているその行為が、猫の余命を短くしてしまうのです。
猫は自分で痩せる努力などしません。
健康管理は飼い主の責任です。
可愛いからといって、好きなものばかり与えすぎないようにしましょう。

2.多頭飼いは要注意

多頭飼いをしていて、その中に特別太った大食い猫がいる場合は、まず食事時間の様子を見てみましょう。
誰よりも早く自分のごはんを食べてしまい、他の猫のごはんを奪っていて太っている可能性があります これではどんなにキャットフードを療法食に替え、量を減らしても無駄です。
食事は他の猫と部屋を分けて与えましょう。
また置き餌は絶対にだめです。
面倒でも1日に2回、時間を決めて与えるようにします。

3.急激に痩せさせるのはよくない

肥満用のキャットフードに切り替えたら、太ったのと同じ年月をかけて、痩せさせる計画をたてましょう。
急激なダイエットはよくありません。
時間をかけて自然に少しずつ痩せさせていくのが理想的です。
その間、猫も激しく空腹を訴えてくるでしょう。
それに負けてはいけません。
病気になって苦しむのは、あなたではなく猫なのですから。
肥満用の療法食は、カロリーを低く設定しています。
それだけで満足してくれれば問題ありませんが、物足りないと感じることもあります。
また、フードを切り替えたことで食べないということも出てくるでしょう。
だからといって、これまでと同じ量であげたり、ウェットフードや、チーズなどをトッピングしたりしていては意味がありません。
比較的嗜好性の高いウェットキャットフードも低カロリーのものが市販されています。
ドライタイプの療法食になれるまで、トッピングとして利用するのにはいいでしょう。

関連記事

トップに戻る