≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフード選びに迷ったら

1.総合栄養食を選ぶ

猫を飼い始めたばかりで何をあげたらいいのか分からない、という方にはとりあえず「総合栄養食」という表記があるものを選びましょう。
総合栄養食とは、水と一緒に与えるだけで健康を維持できるように栄養が配分されたフードのことです。
つまり、嗜好性や好き嫌いを切り捨てて適量を与えていれば、猫が生きていくために必要な栄養素を得ることができるのです。
「一般食」「副食」「おかず」等、色々な種類があって悩むという時は、とりあえず「総合栄養食」を選びましょう。

2.猫の年齢に合わせる

キャットフードの中には「子猫用」「老猫用」といった表記のものがあります。
これは、猫のライフステージに必要な栄養素に対応しているフードであることを表しています。
飼っている猫が子猫、高齢、さらに妊娠中といった場合は、そのライフステージの表記が書かれているフードを選びましょう。

3.猫の食事にかけられる金額はいくらまでかを決める

家猫は大切に飼われれば、15年は生きるのです。
その間、なにより必要なのは毎日食べるフードです。
高価なプレミアムフードを15年にわたって与え続けるとやはり費用がかかります。
かといって安いからと安価なキャットフードを購入すると、使用している原料の粗悪さや添加物の多さで猫の体調が悪くなってしまうこともあります。
猫にはどのくらいお金をかけることができるのかを最初に決めておき、その中で食事への出費を具体的な数値で割り出しましょう。

4.原材料表記を見て選ぶ

キャットフードに使われている原料もたくさんの種類があるため、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。
牛肉と鶏肉、魚やトウモロコシなどの違いが分からない、けれどもとにかく何かしら買わなければならない、という時は以下のポイントに絞って選びましょう。

  • ・成分表示の上位に、牛肉、魚など具体的な表示があるものを選ぶ
  • ・小麦やトウモロコシなど穀類が上位のものは避ける
  • ・着色料や合成保存料などが多いものは避ける

なぜこれらの条件をおすすめするのかについては「キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと」に書かれています。

5.試供品を利用して味見をしてみる

大手のペットショップやホームセンター、それに獣医などでキャットフードの試供品が配られていることがあります。
無料でなくても、少量をお試し価格で販売しているメーカーもあります。
これらは積極的に利用しましょう。
試供品は量が少ないため毎日の食事として続けて与えることには向いていません。
しかし、猫の体質がそのフードに合っているか、食いつきが良いか、といったことを確認することができます。
大きな袋で買ったのに全く食べてくれない、といった事態を防ぐためにも試供品の利用をおすすめします。
ただ、様々な試供品を与えて連日味見の状態になってしまうと、どれが好みなのかもよくわからなくなってしまいますし、むら食いの元になってしまいます。

6.第三者の意見を聞く

自分ではどうしても決められないようなら、誰かに相談することが一番です。
ペットショップの店員や獣医さんに相談してみましょう。
ペットショップの店員に聞けば、もっともよく売れているフードの情報も教えてくれるでしょう。
ネットなどで利用者の口コミを調べるという手もあります。
ただし、口コミの過信は禁物です。
口コミは主観的な意見も多く、自分の飼っている猫にも当てはまるとは必ずしもいえないためです。
さらに、ネットの場合はどこの誰が書いたのか分からない口コミがほとんどです。
その商品があたかも良いもののように書く、いわゆるサクラが紛れている可能性も0ではありません。
口コミはあくまで参考程度として見るようにしましょう。

関連記事

トップに戻る