≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

美食猫のためのキャットフード

1.猫と人間では美食の定義が異なる

猫にも美食をさせたいと思うとき、どのようなものを与えていますか?美食といっても、勘違いしてはいけません。
人間の美食と猫の美食は違います。
人間にとっては高級食材であるアワビなどは、猫が食べてはいけないものですし、フォアグラなども猫に与えていいものではありません。
また、うちの子は美食家だからと、毎日鯛の刺身だけ与えていたのでは栄養的に偏ってしまいます。
毛艶も悪くなったり肥満になったりして病気になってしまいます。
猫にとって本当の美食とは、どんなフードなのでしょう。

1-1.猫の美食とは好きなものへのこだわり

美食というと高価なプレミアムフードを思い浮かべるかもしれません。
しかし、猫にとってそれが必ずしも美食とは限らないのです。
離乳食を食べ始めた頃から、添加物としての香り付けがしてあるフードばかりあげていると、そのようなフードにしか興味を持たなくなってしまいます。
つまり、その猫にとっては安い添加物だらけのフードこそが、最高の美食になってしまうのです。
安いフードだけを食べていても、健康で長生きの猫もいます。
しかし、やはり粗悪な原料のせいで腎臓を悪くしたり癌になったりする猫もいますので、フード選びは慎重に行いたいものです。
できれば離乳食を開始してから成猫になるまでの1年の間に、キャットフードにもさまざまな味があることを覚えさせたいですね。
注意しなければいけないのは、好みのものが決まり、そればかりを食べるようになってしまうことです。
それがプレミアムキャットフードならなんの問題もありませんが、嗜好性の高いおやつ類ばかり欲しがるようにならないよう、あげ方にも注意が必要です。

2.猫にとっての美食の食材

猫にとっての究極の美食とは、やはり生の肉や魚です。
自然の中で暮らす猫にとってのごちそうですから家猫でも同じです。
かつて野生の猫たちは、狩った動物の肉、血液、内臓、小骨などすべてを食べることで、必要な栄養素を取り入れてきたのです。
しかし、残念なことに家猫に買い与えることのできるフード類では、まったく同じようにしてあげることはできません。
肉なら肉だけ、魚なら身だけになってしまうのです。
より自然に近い状態のものが、猫にとっての美食の食材なのです。

3.美食猫のための市販のフード

美食猫が満足するようなフードは、ドライ・ウェット両方のタイプのフードにあります。
前述の自然に近い状態で売られているのはウェットフードの方です。
缶詰やレトルトパウチなどに入れて売られています。
嗜好性を高めるための香料や着色料などを使用せず、素材そのままの味や香り、食感が残っているものがおすすめです。
原料もビーフやチキン、魚など様々です。
普段与えているフードで猫がとりわけ気に入っている原料があれば、その素材を使ったフードを選んであげましょう。
猫は初めての食べ物を警戒する傾向がありますから、これはぜひ食べてもらいたいと思うようなものは、最初のあげ方が重要です。
食べ慣れたものに混ぜて、少量ずつあげていくのがいいでしょう。

4.美食猫の手作りごはん

生のお刺身だけをあげるのは、理想美食ではありません。
動物の内臓を食べることで得られるミネラル成分が、きれいなお刺身では足りないからです。
またどんなに新鮮でも、サバやイワシを続けて与えると、黄色脂肪症(イエローファット)という病気になります。
より自然に近い状態で、ペット用の生肉が販売されています。
馬肉や鹿肉、ラム肉などはアレルギーが少なくおすすめです。
鶏肉なら七面鳥はアレルギーが少なくてよいようです。
必ず生食可の表示を確認してください。
ほとんどが冷凍ですから、解凍したらすぐに食べさせます。
残したものは処分し、使った食器もきれいにしておくのが、生食のルールです。
人間が考える美食と、猫の美食は違います。
新鮮な素材で、味付けなど一切ないものを、生か軽く煮た状態で食べることが、猫にとっての美食なのです。

関連記事

トップに戻る