むら食いを防ぐキャットフードのあげ方

むら食いを防ぐキャットフードのあげ方

猫の餌となるキャットフードには、基本的にウェットフードとドライフードの2種類があり、総合栄養食のドライフードが、普段のメインフードとしては適しています。
ここでは猫のむら食いを防ぐキャットフードのあげ方を紹介します。

基本的に成猫は朝と晩の2回餌を食べますが、もともとむら食いをする動物で、小分けに餌を食べる特徴があるので、一度で餌を食べなくてもしばらく様子を見て対策しましょう。
具体的には30分程度様子を見て、それでも食べないようなら、体調を観察して問題ない場合は餌を下げて大丈夫です。
ここですぐに他の餌に切り替えると、猫を調子に乗らせてしまいます。
様子が普段と変わらないようなら1日程度が様子を見て、2日~3日経っても明らかに食欲がなくなっている場合は、すぐに病院に連れていきましょう。

体調に問題がない場合は、ウェットフードなどをおやつ代わりに与えるのも効果的です。
もちろんおやつの与え過ぎには注意をして、ドライフードに混ぜてあげるのもいいでしょう。
また普段の餌を切り替えるのではなく、ふりかけなのをトッピングしてあげることで食欲が出ることもあります。

もともと猫は何事に関してもわがままで、気分にもむらがある動物です。
したがって気分や体調により、食事に対してもむらがあることも良くあることです。
総合栄養食のキャットフードはそれを与えていれば栄養的には問題ありませんが、毎日同じものを食べ続けると、猫も食事に飽きてくるケースが多いので、食欲がない場合は他の商品に切り替えることも1つの方法です。
しかし頻繁にそれを繰り返していると、すぐに飽きらかして古い餌にすぐに口を付けなくなり、どんどんわがままが増していくので、簡単に餌を切り替えることは避けて下さい。

このように、猫はもともとむら食いをする動物で、一度に餌を食べないで小分けにする習性があります。
餌をあまり食べないで体調が悪そうな場合は、すぐに病院に連れていくことが必要ですが、食欲がない場合はおやつをあげたりトッピングをしてあげることもおすすめです。

ページのトップへ戻る