≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

FLUTD用キャットフード

1.FLUTDとは

FLUTDとは猫の下部尿路疾患のことです。
尿結石や膀胱炎、血尿、尿道閉塞などの尿に関する病気の総称です。
水をあまり飲まない猫は、1日の尿量がそんなに多くありません。
そのため尿のなかに含まれているミネラルの結晶がうまく排泄されず、たまっていって尿結石になってしまうのです。
まずは水を飲めるよう常に工夫しておきましょう。
猫はぬるま湯(人肌ていどのぬるさ)が好きです。
食事を与えるときに、ぬるま湯を添えてあげるとよく飲んでくれます。

1-1.結石ができるメカニズム

下部尿路疾患のためにできるストラバイト結晶は、尿のpHがアルカリ性になるとできやすくなります。
また同じように尿がでにくくなるシュウ酸カルシウムは、尿が酸性になるとできやすくなるのです。
これらの病気を防ぐためには、尿を中性に保つ必要があります。

2.FLUTD対策のフード

FLUTD用キャットフードは2種類あります。
病気にさせないために気をつけて与えるキャットフードと、すでに病気になってしまった猫向けの療法食です。
健康な猫に療法食を与えるのはよくありません。
予防のためのフードを与えましょう。
下部尿路疾患の猫は増えているので、キャットフードメーカーはFLUTDに対応するフードに力を入れているようです。

2-1.FLUTD予防用のキャットフード

前述の通り、FLUTDの予防には尿のPH(酸性かアルカリ性か)が重要です。
アルカリ性でもだめ、酸性でもだめとなったら、どちらに合わせてフードを選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。
FLUTD対応と書かれたキャットフードは、酸性でもアルカリ性でもなく、中性になるように猫用のハーブなどが使われています。
健康な猫なら、わざわざFLUTD用キャットフードを用意する必要はありません。
普段から観察していて、尿の出が悪いと気になるようなら、これらのFLUTD用キャットフードに切り替えて様子をみましょう。

2-2.FLUTD療法食

療法食としては添加物が少なく、問題となるミネラル類を減らしてあるものが理想的です。
さらに塩分も注意してみましょう。
ストルバイト結晶やシュウ酸カルシウムがつくられないように、マグネシウム、リン、カルシウムなどのミネラル成分を調整しているのがFLUTD療法食です。
膀胱炎予防のために、オメガ3脂肪酸を含んでいるものもあります。
療法食の中には、猫がより水を飲みたくなるように塩分を減らしていないものもあります。
塩分は控えたほうが、腎臓への負担が少なくてすみます。
水をたっぷり飲ませればいいだけです。
シュウ酸カルシウムの療法食は、薬の併用が必要になると思われますから、FLUTDになってしまったら、まずは医師に指導してもらうことをおすすめします。

関連記事

トップに戻る