購入時にはマグネシウム量をチェック

購入時にはマグネシウム量をチェック

大事な猫ちゃんの健康維持のためには、良質なキャットフード選びが大切です。
キャットフードを選ぶ時には、添加物や原料に気を付けなければいけませんが、キャットフードを選ぶ際にはマグネシウムの量も重要なポイントです。
ここでは猫とマグネシウムの関係について紹介します。

マグネシウムは人間にも猫にとってもとても大事なミネラルで、筋肉や神経などの発達のためには不可欠な成分です。
猫にも糖尿病はあり、マグネシウム不足がインスリンを効きにくくさせることが分かっています。
したがって、大事な猫ちゃんにはマグネシウムを多く含んだキャットフードを選ぶことがおすすめです。

しかしマグネシウムは尿路結石の原因にもなります。
その理由は尿がアルカリ性だからです。
猫は尿路結石になりやすい動物で、特に去勢手術をした雄猫の場合は、尿管が曲がっていて、さらに先端が細くなっていることから、結石が詰まりやすい状態になっています。
そのためどうしても尿路結石になる猫が多く、もしもそれを発症すれば、かなりの痛みを伴い、血尿が出ることもあるので、去勢手術をした猫ちゃんの尿は定期的に確認してあげるようにして、調子が悪い場合はすぐに病院に連れていきましょう。

尿結石の成分はマグネシウム、カルシウム、リンなどのミネラルで、特にマグネシウムを豊富に含む餌を食べ続けていると、尿路結石になる可能性が高くなります。
もちろん上記で述べた通りにマグネシウムは猫ちゃんの身体にとって非常に重要な栄養素であるため、適量が含まれているキャットフードを選んで下さい。
商品に記載されているマグネシウムの数値が0.08%~0.1%の範囲であれば、猫ちゃんの身体には適量で、さらに尿路結石にもなりにくいとされています。

このように、マグネシウムは筋肉や神経の発達のためには欠かすことができない猫にとってはとても大事なミネラルですが、過剰摂取は尿路結石を発症させる原因になるので、適量が含まれているキャットフードを選んで与えるようにしましょう。

ページのトップへ戻る