人工添加物不使用のキャットフード

人工添加物不使用のキャットフード

健康維持のためには、化学物質が配合された食品はできるだけ摂らない方がいいことは誰でも知っていることです。
猫にも当然それは当てはまりますが、ここでは人工添加物不使用のキャットフードをはじめ、気を付けた方がいいキャットフードについて探っていきます。

猫の体格は人間よりもかなり小さく、その分毒素を体外へ排出する力も弱く、有害な化学物質が体内に蓄積されるとそれだけ病気になる可能性が高くなります。
最近ようやく日本でもペットフードの安全性に関する法律が施行され、以前よりキャットフードの安全性は高くなったといわれていますが、それでも人間が口にしてはいけない添加物が、多くの商品には配合されています。

人間が食べて害になるモノが、猫には害にならないわけがありません。
したがってキャットフードを選ぶ時には、できるだけ人工添加物不使用の商品を選びか、病気や発がん性の危険性が指摘されていない添加物が含まれた商品を選びましょう。
誰もが無添加でオーガニック認定の商品を選びたいと思いますが、そのような商品はどうしてもコストが高くなるため、選びたくても選べない人もたくさんいます。

キャットフードに配合されている添加物はいろいろありますが、化学物質で身体にとって必要なものは何1つありません。
キャットフードを選ぶ時には、添加物の他にも原材料にも注意しなければいけません。
肉食動物の猫には、主成分が動物性たんぱく質である商品を与えなければいけませんが、どうしても肉を主原料に使用すればコストは高くなります。
そのため、安価な商品は穀物などを主原料としてコストを落としている場合もあります。
そうなると猫の健康にはもちろん良くなくて、病気になりやすくなることは目に見えています。

また、市販のキャットフードに含まれる化学物質に対し、過剰に反応する飼い主の方もいらっしゃいます。
ねこまんまなど、自宅で作るフードのほうが安全、と思われる場合もありますが、それは少し違います。
化学物質を除き、市販のキャットフードには猫にとって必要な栄養が、まとめて取れるように計算して作られています。
加えて塩分量なども調整されており、ガツガツ食べても体に害がないよう作られているのです。
必要のない物質については省くように考えながら、なるべく市販の安全なキャットフードを与えてあげるようにしましょう。

ページのトップへ戻る