真空パックキャットフードのメリット

真空パックキャットフードのメリット

人間用の食品と同じように、キャットフードにも必ず賞味期限があります。
賞味期限が過ぎていなくても、開封後は早めに食べなれば酸化して悪くなってしまいます。
ここではキャットフードを長持ちさせることが可能な真空パックのキャットフードや、餌の保存方法について紹介します。

最初から真空パックしてあるキャットフードも、もちろん開封すれば賞味期限に関係なく酸化がどんどん進むので、早く食べさせなければいけません。
しかし一度開封しても再び真空パックできる場合は、中身を長持ちさせることができるので、そのような商品には大きなメリットがあります。
しかし真空パックされているだけで値段が高額になるなら、自分で真空パック器などを購入した方がいい場合もあります。

大事な猫ちゃんに酸化が進んだ餌を食べさせると、病気になったり、老化が早まり寿命を縮める大きな原因になってしまいます。
一般的にドライフードの賞味期限は開封後約1ヶ月で、ウェットフードは1日しかありません。
缶詰に入れられている間はかなり長持ちしますが、開封したら生モノと同じなので、開封したら直射日光などは避けて、1日で食べさせましょう。
1日の間なら冷蔵庫に保管しても大丈夫ですが、容器は必ず移し替えて下さい。
缶のまま冷蔵庫に入れると、雑菌やカビが生えてしまいます。
冷凍してもいいですが、冷凍でもある程度の期間しかもたいことは理解して、解凍する場合は自然解凍させて下さい。

ドライフードの場合も直射日光は避けなければいけませんが、冷蔵庫には入れてはいけません。
冷蔵庫から毎日出し入れすると、温度差で結露がつきカビが生える可能性が高くなります。
おすすめの保存方法はやはり真空パックすることで、それができない場合は小分けにして、ジップロックに入れて保管することをおすすめします。

キャットフードで健康管理するにも、保存方法が悪ければ意味がありません。
キャットフードは開封すると酸化がどんどん進むので、早めに食べさせなければいけませんが、真空パックすることでかなり長持ちさせられます。
はじめから真空パック付きの商品を購入してもいいし、真空パック器を購入して、それを利用してもいいでしょう。

ページのトップへ戻る