キャットフードのミルクと牛乳の違いは?

キャットフードと猫用ミルク、牛乳の違い

一昔前までは、飼い猫にも人間と同じご飯や牛乳を与えていましたが、今では猫には猫用の食事を、そして専用のミルクを与えることで、大事な猫ちゃんの健康維持や寿命を延ばせることが分かっています。
ここではキャットフードのミルクと人間用の牛乳の違いを探っていきます。

牛乳といえばカルシウムを想像する人も多いでしょうが、その他にもたんぱく質やビタミンAなどが豊富に含まれている栄養食品です。
キャットフードを与えている猫には牛乳を与える必要はなく、特に成猫に牛乳を与えると、カロリーオーバーとなり肥満になる原因になります。
特にシニア猫に牛乳を与えると、そこに含まれるナトリウムイオンが心臓に負担を与えることが指摘されています。
ペットショップなどでは猫用のミルクがキャットフードと一緒に販売されていて、値段は牛乳に比べれば高く、牛乳と比較すればそこに含まれる栄養素は大きく異なっています。

猫用ミルクの方がたんぱく質や脂肪が多く含まれていますが、乳糖が少ないのが大きな特徴です。
牛乳には猫用のミルクと比較して乳糖が3倍ほど多く含まれていて、もしも子猫を牛乳のみで育てた場合は、必要な栄養素が不足し、栄養バランスが崩れてしまいます。
また、牛乳は猫の腸では分解できない成分も含まれていて、そのため牛乳を与えるとお腹を壊す猫も多いのが特徴です。
もちろん猫用のミルクには、猫に与えても安全な成分しか配合されていません。

人間も牛乳を飲むと下痢をする人が多いのですが、これは牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼという加水分解酵素が不足していることが原因だとされています。
猫もこの理由と一緒で、特に子猫の場合は下痢が重症化する場合もあるので、牛乳は与えない方がいいとされています。

このように、以前は牛乳を飼い猫に普通に与えていましたが、今では猫には猫用のミルクを与えることが常識となっていて、人間用の牛乳とキャットフード用のミルクではそこに含まれる栄養素が異なることを理解しなければいけません。

ページのトップへ戻る