豚肉が合わない子のためのキャットフード

豚肉とキャットフードの関係

もともと猫は肉食のため、キャットフードの主成分には肉が使用されているものがほとんどです。
そこに使用されている肉も、人間と同じように豚肉、牛肉、鶏肉、馬肉、ラム肉などいろいろな種類があります。

豚肉にはトキソプラズマという寄生虫がいる可能性があり、もしも猫が寄生虫に感染したら最悪死亡することもあります。
しかしこれはあくまでも生の豚肉を食べた場合に起こりうることで、加熱調理されているキャットフードであればその心配は無用です。

また、人間と同じようにいろいろなアレルギーを持っている猫もいます。
中には豚肉アレルギーの猫もいて、その場合は豚肉が配合されている商品は避けなければいけません。
猫はわがままなで気まぐれな動物としても知られていますが、食べ物の好き嫌いも激しく、豚肉のキャットフードを食べない猫もいます。
この場合は他の肉や魚が主原料となっている商品を与えて下さい。

そもそもキャットフードには豚肉を主原料としている商品が少なく、最も多いのはチキンが主原料となっているモノです。
野生の猫は鳥や小動物を捕らえてそれを餌にしてきたため、鶏肉は猫の餌としては最適です。
さらにチキンは人間用の食材としても流通量が多く、値段も安価で加工がしやすいのもメリットです。
したがって、猫ちゃんにはチキンメインの商品を与えれば間違いないでしょう。
それでも口にしない場合は、いろいろなメーカーのキャットフードのサンプルなどをもらってきて与えてみると猫ちゃんの好みが分かるのでおすすめです。

キャットフードを購入する時には、主原料は肉や魚で、できるだけ人工添加物を含んでいないモノを選びましょう。
安価な商品は主原料が穀物になっていたり、危険性が指摘されている添加物をたくさん含んでいるケースが多いので、そのような商品は絶対に選ばないで下さい。

このように、豚肉のキャットフードを猫ちゃんが口にしない場合や身体に合わない場合は、チキンなど他の肉や魚が主成分になっている商品を選んで与えてあげましょう。
猫は好き嫌いが多い動物なので、最初はサンプル品などを利用して好みの商品を選びましょう。

ページのトップへ戻る