≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

結石用キャットフード

1.猫に多い結石とは

泌尿器症候群のうち、尿路結石もまた猫に多い病気です。
水を飲む量が少ない猫は特に注意が必要です。
猫は食後に体質がアルカリ性になります。
この時に、カルシウム、マグネシウム、リンなど結石になりやすい成分を過剰摂取していると、結石が発症してしまいます。
結石がまだ小さいうちは、キラキラ光る粉状で排泄されます。
そこで気がつけばいいのですが、つい見落としてしまうことが多いと思います。
そのうちに結晶は結石となり、排尿時に痛みを与えるようになるのです。
排尿が痛いとトイレに行きたくないのは猫も同じです。
トイレを我慢していると尿が排出されず、尿毒症になってしまいます。
様子がおかしかったらすぐに病院を受診してください。
結石は薬で溶かす治療になりますが、結石が大きければ取り出す手術になることもあります。
猫にとっては負担の大きい病気ですから、結石を作らないように普段から注意しましょう。

2.尿路結石用のキャットフードの特徴

一度でも結石ができたら、病院がすすめる療法食に切り替えましょう。
結石は再発することが多いので、予防にはキャットフードを替えるのが最適です。

2-1.結石の元となるミネラルを減らしたフード

前述の通り結石の原因となる物質は、カルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラルです。
尿路結石用のキャットフードは、結石の元となるの成分が少なくなっています。
そのため、安心して与えることができます。
結石になるからといってミネラルを全く与えなくすると、猫は健康を維持できなくなります。
最低限は必要なのです。
療法食は無くすのではなく、量を減らしています。
成分表記にカルシウムなどが書かれていても、心配することはありません。

2-2.尿を中性にするフード

結石は、尿のPH(酸性・アルカリ性を示す単位)が、酸性またはアルカリ性のどちらに偏ることでできます。
アルカリ性になるとストルバイト結石ができ、酸性になるとシュウ酸カルシウム結石ができてしまうのです。
尿を常に中性の状態に保ち、結石をできにくくするというキャットフードがあります。
、そちらを療法食として選択するのもいいでしょう。

2-3.消化のよい高タンパクフード

結石がなくなり、療法食の必要もなくなったら、消化に負担の少ない高タンパク質のキャットフードに変更するのも考えてみてください。
穀物や脂肪の多いキャットフードは、消化のために水分が必要になり尿の量を減らします。
結石の元を流すためには、尿が順調に出ていくことが重要なのです。
そのためには、猫にとって消化のしやすい動物性たんぱく質が主原料のフードを選びましょう。

関連記事

トップに戻る