キャットフード好き嫌いの対処法は

キャットフード好き嫌いの対処法は

猫はわがままな上にグルメな動物でもあるため、キャットフードの好き嫌いもあって当然です。
ようやく好みのキャットフードを見つけたと思ったら、ある日突然口を付けなくなることもあります。
ここではそんな時の対処法について紹介します。

もちろん餌を食べなくなって最初に考えなければいけないのが病気です。
猫も病気になると食欲がなくなり、食べたくても食べられないケースもあります。
言葉を話せない猫を飼う場合は、常に体調の変化に気を配ってあげましょう。
もしも下痢や嘔吐を繰り返しているようなら、すぐに病院で診てもらいましょう。

総合栄養食であれば、猫にはずっと同じ餌を与えていても構いませんが、人間と同じで毎日同じモノばかり食べていれば飽きることもあります。
特にドライフードはウェットフードに比べて味気がないので、急に口をつけなくなることもあります。
そんな時にウェットフードを少し混ぜてあげたり、専用のふりかけなどをトッピングしてあげると、口をつけてくれる可能性が高まります。

餌を食べなくなったからといってすぐに他のキャッフードに切り替えると、調子に乗ってそのような行為を繰り返すようになるので、ちょくちょく餌を変えることしないように気を付けましょう。
キャットフードを食べない時には、たまにならおやつを与えることも効果的です。

また、猫も季節によって食欲が出なくなることもあります。
特に暑い夏場には食欲不振になることもあり、発情が起きる春先なども雄猫に限り食事の量が減ることもあります。
雌猫の場合は、妊娠初期に食欲が減退するケースが多くなります。
食欲がない時にドライフードの場合は、水を加えて柔らかくしたり、粒をすりつぶして粉末にすると口にするケースもあります。

このように、病気以外でも急にキャットフードを食べなくなることは猫には良くあることです。
その理由は餌に飽きた、気温の変化、妊娠、発情など様々ですが、味に変化をつけたり餌を変えてあげたりすることで対策できます。

ページのトップへ戻る