高額なキャットフードは使い分けて活用

キャットフードは使い分けて活用

猫の健康維持や寿命を延ばすために、最も大切なモノは毎日の食事です。
実際に人間と同じモノを猫に食べさせていた時代よりも、今の方が猫は長生きしている結果が出ています。
しかし安全と言われるキャットフードになれば値段も高いので、お金に余裕がない人はキャットフードを使い分けて活用しましょう。

キャットフードにはプレミアムフードと呼ばれる商品が販売されています。
プレミアムフードは値段が高い分、原材料にこだわっていて、化学的な添加物もほとんど含まれていないキャットフードが多いのが特徴です。
主にウェットタイプとしてジュレなどが周りに付いており、人間でも口にできる基準でつくられた品質の高いキャットフードです。
プレミアムキャットフードはメインの餌としてではなく、ご褒美や記念日などに与えるのがよいでしょう。

また、キャットフードは大きく分ければドライフードとウェットフードがあります。
ドライフードは一般的に「総合栄養食」と呼ばれる、猫に必要な栄養素がバランス良く含まれているフードです。
毎日与える餌としては最適で、生まれたての子猫以外ほとんどの猫であれば、ドライフードを食べれば健康維持が行えるでしょう。
ドライフードは、主食となるフードとして使用するのがベストです。

これに対してウェットフードは、パウチタイプや缶詰などで販売されているフードで、量そのものが少なくおやつのような形で使用します。
そのため、総合栄養食と書かれていなければ、ウェットフードだけでは猫の健康維持をするのは難しいといえます。
ただし、消化が悪い時や、出産により子猫へミルクを与えるときなど、栄養が急に必要な際には、ウェットフードを定期的に与えるとよいでしょう。

ドライフードはお菓子のようなカリカリしたタイプのモノで、乾燥していて長持ちするのが特徴です。
ウェットフードは缶詰で販売されていることが多く、人間が食べるツナ缶のように水分があり風味が豊かなのが特徴ですが、日持ちはしなく開封後1日以内ですぐに食べきらなければいけません。
それぞれの特徴を理解しながら、バランスのよい食事を与えましょう。


ページのトップへ戻る